「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • 無料 個別相談申し込み
  • MENU

HOME > ありがとうブログ > 業務スーパーでお世話になっております:神戸物産

業務スーパーでお世話になっております:神戸物産|ありがとうブログ|国際分散投資ならありがとう投信

業務スーパーでお世話になっております:神戸物産

業務スーパーでお世話になっております:神戸物産

今回もありがとうファンドが厳選投資している銘柄について紹介させていただきます。今回紹介する神戸物産は個人的にもお世話になっています度139%の企業なので、感謝パワー全開で見てみましょう。

 

受益者の皆様は『業務スーパー』へ行かれたことはございますでしょうか?私のケースですと、大学生ぐらいからの長~いお付き合いになっております。学生時代に北米を中心に何度か留学しましたが、その際必ず持っていくのは業務スーパーのカレールウ(1㎏)や、パン粉(1㎏)など、留学先で自炊できて、安い業務用加工食品でした。日本に戻ってからは、寿司クラスの際に使う業務用アルコール除菌液や、最近の新型コロナウイルス以降は、巣ごもりファミリー料理に活用させていただいており、業務スーパーなくして、今の私はありません。

 

さてそんな有能すぎる業務スーパーですが、神戸物産がFC方式で展開しているスーパーになります。同社は業務スーパー以外の事業もありますが、下図の様に業務スーパー事業がほとんどの売上構成を占めておりますので、今回は業務スーパーを中心に見ていきたいと思います。

 

【売上構成】

(2019年)

1.jpg

出所:会社資料より、ありがとう投信作成

 

 

 

最初に業界の全体像をざっくり見てみましょう!下図の様に、スーパーマーケット業界全体の店舗数は緩やかに増加しておりますが、少子高齢化問題などにより国内需要はどんどん減っていくと考えられますので、頭打ち感が漂っているように見受けられます。一方、スーパー業界上位10位の食品売上高シェアの推移を見ると、よく海外の大手スーパーなどで見られる寡占化が進んでおらず、足元では2割程度に留まっています。よって、1店舗~3店舗程度の小規模経営のスーパーが全体の1/3以上を占める、中小・零細企業がたくさんの業界構成になっています。

 

【スーパーマーケットの店舗数と食品売上高シェアの推移】

2.jpg

 

【スーパー業界の保有店舗数別構成】

(2019年)

3.jpg

出所:全国スーパーマーケット協会より、ありがとう投信作成

 

 

 

一方、業界全体では店舗数が伸び悩む中、同社はFC方式で着実に店舗数を増やしており、他のスーパーの様に特定の都道府県や地域での店舗展開ではなく、全国に幅広く展開しています。スーパー業界全体では約7割の企業が1都道府県のみの経営に留まっており、さらに標準的な店舗の開店年の半数以上が20年以上前と回答していることなどからも、後継者問題を抱える経営者も多いようで、業界の再編は不可避のようです。業界全体がこういった環境の中、FCというフレキシブルな事業方式や、国内外の幅広いサプライチェーンを有する同社の伸びしろは大きく、全体がしぼんでいく業界においても、持続的な成長が期待できそうですね。よくセミナーなどでも話してきましたが、日本での厳選投資というのは、詰まるところそういうことだと思います。

 

【業務スーパーの店舗数推移】

x2.jpg

出所:会社資料等より、ありがとう投信作成

 

 

【国内店舗数を緑の棒グラフで表現】

(2019年:845店舗)

5.jpg

出所:会社資料より、ありがとう投信作成

 

 

【スーパー業界の都道府県展開数別の構成】

(2019年)

6.jpg

 

【標準的と各企業が挙げる店舗の開店年】

7.jpg

出所:全国スーパーマーケット協会より、ありがとう投信作成

 

 

 

 

他にも、同社シェア拡大の要因としては上述してきた業界全体が直面する問題に対する優位性だけではなく、もちろん同社自体の企業努力もございます。いわゆるEDLP(Everyday Low Price)による価格政策により、ユーザーの求める商品を安い価格で提供しており、下図では同業他社との粗利益率を比較してみましたが、低価格で顧客に提供しているので、もちろん粗利も小さくなる傾向にあるようです。

 

【粗利益率の比較】

a1.jpg

出所:ファクトセットより、ありがとう投信作成。データーは2020年3月末を基準に、それ以前で最も近い四半期末・決算期末のデータを抽出。業務スーパーは標準店舗のデータを記載。

 

 

しかし、それだけだとただの赤字覚悟の儲からない格安スーパーになってしまいますが、そうならないところが同社の強みです。下図でも確認いただけますように、販管費の徹底的な低コスト化を実現しています。業務スーパーに行ったことのある方ならお分かりいただけると思いますが、店内では段ボールに入ったまま置かれているトマト缶とか、キッチンペーパーとかをよく見かけます。『業務用だからさ』と言われれば、『ま~そうだよね』で済みそうな雰囲気も漂っております。普通のスーパーなら馬鹿正直にきちんと陳列整頓するのでしょうが、そういう手間にも人件費がかかりますので、その点コスト低減を徹底しているのでしょう。ついでにですが、百貨店等の過剰包装はオモテナシなのかもしれませんが、ESG的にも自然破壊につながるので、愚の骨頂だと私は思います。いわゆる今までの型にはまらない経営ができる合理的な企業なのでしょう。

 

【販売管理費比率の比較】

hh2.jpg

出所:ファクトセットより、ありがとう投信作成。データーは2020年3月末を基準に、それ以前で最も近い四半期末・決算期末のデータを抽出。業務スーパーは標準店舗のデータを記載。

 

 

 

他には、PB商品(プライベートブランド商品)の拡充も同社の大きな強みの1つでしょう。同社では『食の製販一体体制』の確立を達成すべく、積極的に工場などのM&Aを行い、原材料の調達からオリジナル商品の開発、販売までを一貫して行えるよう体制強化を続けています。既に国内での自社工場数は食品小売業界において日本一の規模を有し、さらに約40ヶ国から直輸入できる流通網も確立しており、PB商品はこういった規模の経済で拡大を続けているようです。PB商品のマージンは高く、下図をみる限りでも会社全体の業績に大きく貢献していますね。

 

【営業利益とPB比率の推移】

10.jpg

出所:ファクトセット、会社資料より、ありがとう投信作成

 

 

取り扱っている商品についても少し見てみましょう。通常のスーパーマーケットでは、下図円グラフの様に、野菜や、魚、肉などの生鮮3部門が商品の中核になりますが、業務スーパーでは、加盟店へ卸す商品を常温・冷蔵・冷凍に絞っており、商品の構成は普通のスーパーとは大きく異なります。こういった商品は、基本的には消費期限が長く、廃棄ロスも少なく、段ボール箱のまま陳列できたりなど上述した作業コスト減、人件費減にもつながり一石二鳥ですね。実際の店舗では、野菜などの生鮮食品を売っている店舗も見かけますが、そういった生鮮部門の調達は現地のFCオーナーに一任しているようです。その土地のモノはその土地の人に任せるのが一番効率的ですよね。

 

【スーパーマーケット業界の売上構成】

(2019年)

11.jpg

出所:全国スーパーマーケット協会より、ありがとう投信作成

 

 

特に冷凍食品の品揃えは大変充実しており。私が最も買っているカテゴリーでもあります。共働きの増加による冷凍食品に対する需要増など、こういったメガトレンドの追い風にも同社の経営方針は乗っていると思います。

 

【専業主婦世帯・共働き世帯の推移】

12.jpg

出所:総務省より、ありがとう投信作成

 

39クッキングで料理レシピを紹介している身としては、手作り志向の低迷は気になりますが、良くも悪くも、ウィズ・コロナ時代で少しは改善しませんかね・・・

 

【食の志向の推移】

13.jpg

出所:日本政策金融公庫より、ありがとう投信作成

 

【冷凍食品の利用頻度が増加した理由】

(複数回答可)

14.jpg

 

冷凍食品の消費量は増え続けており、近年では特に家庭用が増加傾向

【冷凍食品の生産量、消費量の推移】

15.jpg

出所:日本冷凍食品協会より、ありがとう投信作成。業務用と家庭用は国内生産量のみで、輸入分を含まない。国民1人当り消費量は国内生産量と輸入生産量の合算を基に計算。

 

 

TOPIX配当込みが死んで見えますね。

【株価推移】

16.jpg

出所:ファクトセットより、ありがとう投信作成。株価は2010年1月末を100として指数化、2020年4月末までの推移。

 

 

 

最後に、最近巣ごもり中に業務スーパーにお世話になったケースを見て終わりにしましょう!受益者の皆様方におかれましても、これを機に業務スーパーへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

★冷凍ムール貝:

268円(税抜き)

1.jpg

 

ちょっと手間を加えるだけで、

ムール貝の白ワイン蒸し

2.jpg

 

★冷凍トルティーヤ12枚入り:

198円(税抜き)

3.jpg

 

トルティーヤから作っていた時代がありましたが・・・

これは助かりますわ~~

4.jpg

 

旬の野菜は八百屋でget!

5.jpg

 

Movie night でタコスナイト!

6.jpg

 

★トムヤムヌードル5P:

218円(税抜き)

7.jpg

 

リアル3.9分クッキング!

8.jpg

 

★白菜キムチ1㎏:

278円(税抜き)

漬物系も充実しています

9.jpg

 

余り物で昼ご飯・・・

悩むわね・・・

そんな奥さんに朗報です!

10.jpg

 

キムチチャーハンでいいじゃないすか!

11.jpg

 

★食パン:

67円(税抜き)

12.jpg

 

★欧風マヨネーズ430g:

178円(税抜き)

13.jpg

 

こちらのランチョンミートはドン・キホーテで買ってしまいました・・・

ドン・キホーテを運営する

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)も

当ファンドで保有しているので許してください・・・

x1.jpg

 

Xboxみたいですね・・・

14.jpg

 

沖縄のポーク卵おにぎりをヒントに作りました

15.jpg

 

私より年寄りのホットサンドメーカー

マッチョの腹筋みたいですね~

16.jpg

 

ホットサンド

たまらんですね~~

17.jpg

 

★冷凍フライドポテト1㎏:

195円(税抜き)

フライパンと少量の油でちゃんと調理できます。

ゴールデンアーチのLサイズは330円だから~

原価は・・・怒られるので、

ここらへんでやめておきましょう

18.jpg

 

ひと手間加えて・・・

19.jpg

 

さらにイタリア人に敬意を払えば・・・

20.jpg

 

なんということでしょう!

メキシカンポテトの出来上がり!

21.jpg

 

★レアチーズ1㎏:

298円(税抜き)

22.jpg

 

同社国内工場で牛乳パック用の既存設備を使ってできたシリーズ

こういう発想は重要ですね。

23.jpg

 

食後のデザートにどうぞ

24.jpg

 

★除菌アルコール78(1000㎖):

400円くらいだった気がします(2年くらい前)

寿司クラス用に大量に買っておきましたが、

コロナ後に大活躍です!

25.jpg

 

一点だけデメリットを挙げるとすれば、量がハンパないので、油断すると太るぐらいですかね・・・

 

 

スーパー業界参考映画

『県庁の星』

 

 

 

39!

ありがとう投信株式会社

ファンドマネージャー 真木喬敏

         

◆記載内容について: 資料に記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考として申し述べたものであり、その銘柄又は企業の株式等の売買を推奨するものではありません。

◆株価指数について:記載されている各国・地域市場の指数は特別注記が無い場合は以下の指数を使用しています。

【日本株】→FactSet Market Indices Japan 配当込み(税引き前配当再投資)

【世界株】→FactSet Market Indices World 配当込み(税引き前配当再投資)

【米国株】→FactSet Market Indices US 配当込み(税引き前配当再投資)

【欧州株】→FactSet Market Indices Europe 配当込み(税引き前配当再投資)

【新興国株】→FactSet Market Indices Emerging 配当込み(税引き前配当再投資)

関連記事

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

無料個別相談

「将来のため資産運用を始めたいが、知識が無いので不安」という方や、既に資産運用を行っていて今後の運用プランを迷っている方は、ぜひ一度個別に相談をしてみることをおすすめします。

お客さま一人ひとりのお悩みに寄り添って資産運用をサポートさせていただきます。

無料個別相談のお申込み

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

無料個別相談のお申込みはこちら

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900