「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • MENU

HOME > ありがとうブログ > ありがとう39ツアー【夏休みは八丈島に流されてみようぜ!】

ありがとう39ツアー【夏休みは八丈島に流されてみようぜ!】|ありがとうブログ|国際分散投資ならありがとう投信

ありがとう39ツアー【夏休みは八丈島に流されてみようぜ!】

2019年07月19日(金)

ありがとう39ツアー【夏休みは八丈島に流されてみようぜ!】

さて今回は、東京都の離島八丈島へ自発的島流しに行ってきました!これからの夏休みシーズンに、東京から飛行機で50分のアクセスは魅力的です。是非夏休みプランにご検討お願いできますと幸いです。

   

   

   

   

   

   

   

   

   

Q:八丈島ってどこ?

A:東京都です。品川ナンバー走ってます。

111.jpg

出所:google mapより、ありがとう投信作成

   

   

   

   

【どうやって行くの?】

   

選択肢A:飛行機(ジェット機)

今まで私が紹介してきた五島列島福江島や、北大東島南大東島への定期航空便はプロペラ機でしたが、なんと八丈島へは羽田空港からジェット機(ANA)が出ています!50分ぐらいのフライトなので、沖縄は遠くて・・・という方でもちょっとした週末旅行にお勧めです!私も時間の関係上、往復ANAの直行便を使いました!1日3往復していて、結構充実しています。北大東島ルートと比べると大変助かりました・・・。

   

羽田空港で見つけたラーメン自販機

2.jpg

エアポートラーメン気になりますね~~

3.jpg

八丈小島が見えてきたら、もうすぐだよ!

4.jpg

カメさんがWelcomeしてくれます!

5.jpg

こんなのあるんですね。

参加したかったけど・・・あいにく時間が無くて断念。

6.jpg

   

選択肢B:フェリー

東京(竹芝)から八丈島まで約10時間20分。東京からは夜遅く出て、翌朝八丈島に着くイメージです。帰りは、八丈島から朝早く出て、東京には夜遅く着くようです。料金は一番安い2等席で1万円ちょっと位のようです。飛行機の早割と大した変わらない気がします。詳しくはフェリーを運航している下記のページを参照いただけますと幸いです。八丈島の観光スポットのマトメも見やすくて参考になると思います。

  

▼東海汽船(スイスの国旗みたいな会社マークです)

https://www.tokaikisen.co.jp/island/hachijojima/

   

   

選択肢C:命がけで泳ぐ

毎回お決まりなので、一応言及しておきますが、選択肢Cを選んだあなた。あなたは市場平均に縛られない139%のアクティビストです。しかしながら、間違いなく竜宮城行になってしまうので、ここは素直に飛行機かフェリーにしましょう!

   

島のいたるところで見かける地図

飛行機とフェリーの絵はあっても必死に東京から泳いでくるオッサンの絵はないですよね。

つまりはそういうことです。

7.jpg

   

   

   

【島内の移動手段】

歩く→結構大きな島です。他の選択肢をおすすめします。私はビンボー旅行ですので、もちろんこれです!

  

レンタサイクル→私の泊まった宿では一日1,500円で貸出してました。

  

レンタカー→無難なチョイスですね。温泉が多数ある島の南に行きたい場合は、レンタカーがおすすめです。(真木は余裕がなくて行ってないけどね)

  

町営バス→便数は少ないですが、時間に余裕のある方はこれでOKかもしれません。2日間バス乗り放題・温泉入り放題 BUSPA(バスパ)というお得なチケットもあり、大人1,000円でバス乗り放題、有名どころの温泉入り放題です!39!

  

空港から底土港近くの宿へ徒歩で移動中・・・

スーパーの駐車場にはピザーラの移動販売車が!

事前に予約した人じゃないと食べられないということで残念!

8.jpg

渋いですね~~。

こういうのは好きな方ですが、宿から遠くてお邪魔できませんでした・・・。

残念・・・。

9.jpg

   

   

  

   

【宿】

宿は民宿、ゲストハウス、ホテルと様々な選択肢があります!私はバックパッカーなので、一泊素泊まり2,500円のSEADIVEさんにお世話になりました!底土港の目の前ですので、海水浴、マリンスポーツを楽しみたい方にお勧めです!!

庭のハンモックも気持ちいいですよ~

10.jpg

東京都とは思えないですね~

11.jpg

すぐそこにジュラシックパーク的海と山

12.jpg

   

   

【電子しまぽ~しまぽ通貨~】

なんじゃそりゃ?という方が大半だと思いますが、東京11島の特定の宿、飲食店、お土産店などで使えるお得な電子通貨です!スマートフォンとクレジットカードがあればすぐに使えます!8,000円で10,000円分の電子通貨が買えます。差額の2,000円は東京都が助成しているみたいです!よっ、太っ腹!以前訪れた五島列島福江島にも同じような電子通貨がありましたね。これを機にキャッシュレスにチャレンジしてみましょう!

   

▼『電子しまぽ』のHP

https://shimapo.com/

   

   

   

【観光スポット】

いつもならここから、地図に番号付けて観光スポットを紹介するところですが、今回は何と八丈島観光協会のホームページに丸投げ!!たぶん温泉とかがおすすめだと思います!(私は行ってませんw)。なぜ丸投げかというと、底土海水浴場で一日中カメさんと泳いでいたので、温泉行く余裕がありませんでした!ごめんね。

  

▼八丈島観光協会

http://www.hachijo.gr.jp/

  

  

   

【底土海水浴場】

フェリー乗り場すぐ横の海水浴場です。東京の海は初めてで、正直沖縄の海レベルは期待していなかったので、水中カメラもレンタルせずに何となくシュノーケリングしてみたところ・・・。魚はたくさん、サンゴも健在で超きれいでした!底のサンゴたちを眺めてるだけでもハッピーです。そして何よりカメ出現率がハンパないです!サヨリの大群にも囲まれて幸せでした!

13.jpg

八丈富士も奇麗に見えます

14.jpg

まだ梅雨が明けていないので、天気は不安定でしたが、晴れ間はぽかぽか39!

15.jpg

水中の写真が無くてすみません・・・。

なめてました・・・。

沖縄ジョン万ビーチ編でイメトレしてください。

16.jpg

   

   

   

【ごはん】

といった感じでほぼシュノーケリング100%の旅だったので、観光スポット解説が無い分、食レポで勘弁して下さい。

  

▼藍ヶ江水産 工場内 『地魚干物食堂』

町の中心地近くにある食堂&居酒屋です。初日の夜ごはんでお世話になりました。木曜の夕方のフライトで島に着いたのですが、島の飲食店は木曜定休日のところが多いようで困りました。そんなときの助け舟的存在で、飢え死にせずに済んだのはこちらのおかげです。感謝感謝ですね。ウェイトレスのお姉さんに島の勉強したいので、島っぽいものお願いしますと言ったところ・・・。

  

まず、『トビウオの白子ポン酢』全米が泣きました。

17.jpg

次に名物『くさや』を勧められましたが、食べたことが無かったので、ちょっと警戒。

お姉さん曰く、島の特産『明日葉』とのあえ物ならマイルドですよとのこと。

数あるあえ物バリエーションの中でもマヨネーズ和えが一番の初級編で、島の給食でも採用されているとのこと。

そこまで言われたらチャレンジするしかないじゃないですか!

問題なく全米が泣きました。

18.jpg

そしてお次は汁物。

『カメの手の味噌汁』。

19.jpg

カメの手が入ってました。

心配しないでください。リアル亀の手ではありません。

岩場に引っ付いてる貝みたいなやつです。中身をホジホジして食べます。

貝みたいにうまみたくさんで美味しかったです!

ハワイではウミガメは神的存在で触っただけで罰金モノですので、似ている『カメの手』レポートは残念ながら全米では評判宜しくないかもですね。

20.jpg

ご飯もので〆

『地元でとれたお魚の漬け丼』

この日は、カンパチとメダイでした!

おなか一杯、いい夢見られますよ。

21.jpg

    

   

▼宝亭

早朝からのシュノーケリングで疲れ果てて、腹ペコ状態でランチに行きました。底土海水屋上から歩いて20分ぐらいでしょうか。八丈島の飲食店の中ではしまぽ通貨が使える数少ない貴重な存在です3939!

  

泳いだ後の麦茶は天下一品です。

『島とう油』に唐辛子を入れたピリ辛醤油です。

熱さを吹っ切る戦闘力を感じました。お土産でも販売していました。

お店のお姉さん曰く、醤油使い切ったら普通の足せばまた辛くなるよということで、サステイナブルな商品になっております。

22.jpg

  

刺身定食を注文。

これで1,500JPY。

全米の主婦が泣きました。

23.jpg

たぶんキンメダイも泣いてます。

24.jpg

 

とったどー!

命に感謝しましょう。

夜も営業しているということで、次回チャレンジしたいです!

25.jpg

  

   

  

郷土・家庭料理のお店 繁(ハン)

朝7時から営業しているなかなか戦闘力の高いお店です。しまぽ通貨も使えます。ありがたいですね~。

26.jpg

  

朝ごはんでお世話になりました!

健康朝食39 so much!

27.jpg

  

地元でとれた焼き魚がついて、なんと600JPY。

たまらんですね~。

え?食べ過ぎだって?

一日中泳ぐためにはエネルギーが必要なんですよ!

28.jpg

  

  

   

▼あそこ寿司

どこにあるって?あそこですよあそこ!

29.jpg

  

北大東島南大東島で大東寿司を食べた際、本家本元は八丈島だよと教えられて、八丈島に興味が湧きました。この『島寿司』が食べたくて八丈島に行ったと言っても過言ではないでしょう。その日のおすすめネタで漬ける魚が変わるようです。漬けるには時間を要しますので、事前の予約を忘れずに!

   

手前がカンパチの漬け、奥が尾長鯛の漬けになります。

島寿司は白身魚を漬けるそうです。

確かに、大東寿司も、サワラ、インガンダルマとか白身魚でしたね。

真ん中のモジャモジャはし島海苔の煮つけだそうです。

全米どころか、全世界的に泣きました。

30.jpg

   

ワサビじゃなくてからしを使うのも島寿司の特徴みたいです。

31.jpg

   

  

   

【廃墟】

全国島流しの旅を始めてからよく出会う離島の廃墟達。今回も出会いました。おなかすいて宝亭を目指してとぼとぼ歩いているときに出会ったので、ショッキングでした。写真を撮っていると地元の方が声をかけてくれて、色々解説してくれました。ずいぶん前に建てられたホテルで、長い間使われていないそうです。たまにドラマとか映画とかの撮影にも使われているとのことでした。切ないね~~。

   

トリック劇場版2』のロケ地として使われたこともあるそうです。

32.jpg

  

リアルジュラシックワールドですね。

34.jpg

  

    

  

【島流し】

元祖島流しの島ですね。戦国大名の宇喜多秀家も流されています。

35.jpg

  

うーん。解読不可。

だけど、島から逃げようとした奴がいた感は否めない。

36.jpg

  

   

【お土産】

八丈島空港のお土産屋さんではしまぽ通貨使えてお得でした!

   

もちろん島流し!

37.jpg

  

トビウオのハネ長っ!

38.jpg

   

   

  

  

【オマケ】

なんか足りない気がするんだよな~。

39.jpg

   

島流し上級者はキャンプで滞在して、台風などやばい天候になったら廃墟ホテルに逃げ込むらしいです。

戦闘力高いですね~。

(いくら廃墟でも、私有地だと思いますので、受益者の皆様はマネなされないように)

40.jpg

  

それでは受益者の皆様も楽しくて、安全な夏休みをお過ごしください!

  

夏休みにオススメのツアープラン

【夏休みにどうですか?行ってみよう!癒されよう!うさぎ島】

【夏休みにどうですか?お子さんも大喜び!お魚天国ジョン万ビーチ】

【3連休にどうですか?推定樹齢7000年超えの縄文杉にこんにちは!】

【五島福江島!よう来なはったな!】

【翔んで北大東!】

【南大東~三九の春~】

39!

ありがとう投信株式会社

ファンドマネージャー 真木喬敏

         

◆記載内容について: 資料に記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考として申し述べたものであり、その銘柄又は企業の株式等の売買を推奨するものではありません。

関連記事

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900