「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • MENU

HOME > ありがとうブログ > ありがとう39ツアー【翔んで北大東!】

ありがとう39ツアー【翔んで北大東!】|ありがとうブログ|国際分散投資ならありがとう投信

ありがとう39ツアー【翔んで北大東!】

2019年05月21日(火)

ありがとう39ツアー【翔んで北大東!】

さて、ゴールデンウィークはいかがだったでしょうか?10連休でお金使い過ぎて、ゴールデンウィーク後の消費動向が冷え込むのではと市場関係者の中には心配されている方もいるようですが、春の後は夏です!夏休みです!ということで私は、ゴールデンウィークを利用して夏を先取りしてリサーチしてきましたので、夏休みプランに是非『翔んで北大東!』をよろしくお願いいたします。

    

   

  

   

  

  

北大東島ってどこ?

南大東島の北です。

n1.jpg

出所:google mapより、ありがとう投信作成

    

      

【どうやって行くの?】

選択肢A:飛行機(プロペラ機)

RAC(琉球エアーコミューター)が沖縄から1日1便運航しています。RACはJALが間接的に議決権の75%を保有している関係会社になります(JAL平成30年度有価証券報告書より)。よって、JALのマイルなども適用対象です。以前どこかで言いましたが、私は上場廃止したのちに復活して上場するような会社の飛行機には乗りたくないので原則JAL便には乗らないポリシーですが、JAL系列しか運航していないし、孫会社ということで今回は心を鬼にして乗りました。曜日によっては南大東島を経由する必要性があるのでいろいろと注意が必要です・・・。詳しくはJALの時刻表をご参照ください。

   

月・金・土・日曜運行パターン

n2.jpg

火・水・木曜運行パターン

n3.jpg

私が那覇を出発したのは木曜日でしたので・・・南大東を経由して北大東へ行きました!

五島福江島訪問の際乗った機体より胴長のプロペラ機です!

n5.jpg

那覇出発してすぐのナガンヌ島、いつか行ってみたいですね~~。

n6.jpg

結構人乗ってます。

n7.jpg

五島福江島の時はフライト時間が短くて飲み物出ませんでしたが・・・

那覇→南大東間は1時間10分ぐらいのフライトなので、

ちゃーんと飲み物出ました!

n8.jpg

とりあえず南大東で降ろされます・・・。

n9.jpg

保安検査場所内で30分ぐらい待って、

同じプロペラ機で北大東島へ出発!

n10.jpg

そして多分国内定期運航便で一番短いフライト

南大東→北大東を体験!

約10分39秒のフライトです!

とうとう私もYouTubeデビューしちゃいました!

          

あっという間の『翔んで北大東!』

n11.jpg

曜日サイクルのマジックがここにも・・・。

n12.jpg

     

      

選択肢B:フェリー?

那覇泊港→南大東島→北大東島のフェリーもありますが・・・。片道15時間ぐらいかかり、悪天候になると欠航になったりなど、なかなかハードルの高い選択肢になっております。ただし特典もあって・・・、南大東島と北大東島では波が高く接岸できないため、クレーンで吊り下げられたカゴで上陸します。私もこれを体験したかったのですが・・・。そもそもゴールデンウィーク中の運航が無く、夢がかないませんでした・・・。隠居したら再チャレンジしてみます!

n13.jpg

   

     

選択肢C:命がけで泳ぐ

さて、選択肢Cを選んだあなた。あなたは市場平均に縛られない139%のアクティビストですが、間違いなく竜宮城行になってしまうので、ここは素直に飛行機にしましょう!

    

      

【島内の移動手段】

☑歩く→雨降ってなかったらこれもありでしょう!ダイエット旅行です!

     

☑レンタサイクル→宿泊施設で貸してくれます。私のお世話になったハマユウ荘では1時間100円で貸してくれました。

     

ただしサドルの高さを確認しましょう!

サドルが錆びていて調整できないことも・・・

私の足の長さでは・・・。

n14.jpg

     

      

【宿泊施設】

ハマユウ荘のほぼ一択です。北大東空港への無料送迎もあります!

      

コンクリート打ちっぱなしのモダンな建物です。

n15.jpg

天井も高く、エアコンも完備!

n16.jpg

大浴槽も完備!

島では海水から真水を作っているそうです。

ありがたや~ありがたや~39!

n17.jpg

      

       

【食事】

こちらもハマユウ荘のほぼ一択です。私は名物の大東寿司をいただきました!北大東島と南大東島は沖縄県ですが、もともと東京都八丈島の方が開拓を始めた経緯があり、八丈島の郷土料理である『島寿司』が伝わり『大東寿司』ができたそうです。甘めのシャリに、醤油ベースの漬け!たまりませんね~~39!

     

奥がマグロの漬け、手前がサワラの漬け!

サワラは西京焼きのイメージしかなかったので、生でもおいしくて感動しました!

全米も泣くと思います!

そして、安い!1,000円です!

n18.jpg

     

      

【観光スポット】

一周約13キロの小さい離島!冒険心をくすぐります!

n111.jpg出所:Google mapより、ありがとう投信作成

    

     

① 燐鉱石貯蔵庫跡

ハマユウ荘から自転車で10分ぐらい走り・・・ビックリ!なんだこの廃墟感は!!!

第一次世界大戦のころ、北大東島は『燐鉱の島』として活気を帯びました。北大東島の燐鉱は肥料や火薬の原料となる燐酸や、戦闘機の機体に使用されるアルミの原料となるアルミナ鉄の含有量が多かったからだそうです。

n19.jpg

見渡す限りハイキョ!

n20.jpg

すぐ横には港があるので、

ここから燐鉱石を本土へ輸送したのでしょう。

n21.jpg

     

人々を寄せ付けない断崖絶壁に囲まれた島!

一応泳ぎますセットも持参しましたが・・・

無理っす・・・。

    

    

② 上陸公園

開拓のために、人が初めて上陸したと伝えられている場所のようです。もともと、北大東島、南大東島は1820年にロシアの艦船『ボロジノ号』により発見されたのがはじめとされています。これにちなんでボロジノ諸島と呼ばれていたようです。かの有名なアメリカ合衆国海軍のペリー提督も島を確認していたとのことです。その後1900年頃に本格的に開拓を始めたのが八丈島出身の大富豪玉置半右衛門でした。彼らが上陸をした場所だったのでしょう。

     

結構な急勾配、上陸してからも大変です!

n22.jpg

いたるところに現る玉置氏の肖像!

島では神様級なんでしょうね~。

n23.jpg

自転車で移動していると、

いろいろ重要そうな物体を見かけますが・・・

説明一切なし!

n24.jpg

何となくですが、船のイカリのような気がします。

ちゃんと固定しないと断崖絶壁に自爆テロしちゃいますからね・・・。

n25.jpg

    

③ 北大東漁港

なんと!こんな立派な港があるジャーないですか!!

n26.jpg

2017年に完成したばかりの新港でした!

陸地をくりぬいて作ったみたいです。

面白いこと考えますね。

n27.jpg

こういうの見ると気になっちゃいますよね~。

n28.jpg

    

      

長幕

正式名称は岸壁及び岸錐の特殊植物群落。島の真ん中を囲むように絶壁が続いており、その周辺には防風林のように多くの植物が青々と群をなしていました!『進撃の巨人』のウォール・マリアみたいな感じでしょうか。(たぶん違います)自転車を頑張ってこいで長幕を通過したのですが、木々がたくさん生えているせいか、小さな虫が大量に飛んでいて、自転車で走れば走るほど目に入ってきました・・・。あまりに多すぎるので、シュノーケリング用の水中ゴーグルをつけながら走りましたが・・・村民から見たらヤバい奴ですよね~。

     

観光案内所で見つけた立体地図、

島の中心を囲むように段差がありますね。

n29.jpg

    

    

⑤ 信号、村役場など

離島あるあるの島唯一信号。信号が必要かと言われるとそこまで必要性はありませんが、近くに小学校、中学校があるので、教育目的もあるのでしょう。今まで見てきた他の離島も決まって島唯一の信号は学校の前の近くにありました。面白いですね~。

n30.jpg

村役場を遠めに見てみる。

『ちゃーがんじゅー』は沖縄の方言で

『いつも元気』という意味のようです。

n31.jpg

      

     

アワビ養殖所

さて、二日目はあいにくの天気でしたので、自転車で島を周ることもできずに困って、宿のおばちゃんに『何すりゃいいの?』とチャレンジしたところ、『アワビでも見学してきな』とのお言葉をいただいたので、行くしかないでしょう!台風の多いこの地域ではより安定的に供給できる海産資源の確保が期待されているのでしょう。アワビ養殖所は北大東島村長肝いりのプロジェクトのようです。

    

オス!

n32.jpg

メス!

n33.jpg

ベイビー

え?小さすぎて見えないって?

そんな時はハ〇キルーペだーい好き!

n34.jpg

一通りアワビの生態について、丁寧に教えていただきました。こちらでは大体5,000匹ぐらいを完全陸上養殖しているそうですが、アワビはとてもセンシティブな生物なので、歩留まり改善も難しく、なかなか苦労が絶えないようです。

     

大人アワビの団地

n35.jpg

出荷までは3年ほどかかるようです・・・

手間暇かかりますね・・・

養殖所のアワビお兄さんとお姉さん、頑張って!

n36.jpg

アワビベイビー用NICU(新生児集中治療室)

この薄いフィルタにベイビーが張り付いているイメージです。

n37.jpg

大きな水槽もあり、こちらではヒラメを養殖されていました。

アワビほど単価は出ませんが、比較的飼育しやすいそうです。

元々島の小学校のプールを改装した水槽らしく、

どことなくそんな面影も・・・。

n38.jpg

天然アワビは荒波にもまれたためか、

殻の戦闘力がハンパないイメージですね。

n39.jpg

お土産たくさん貰っちゃいました!さらに、以前養殖所を統括されていた伝説のおじいが作ったと語り継がれている一子相伝の筆もいただきました!アナゴ握りのタレつけにでも使わせていただきます!!!!39 so much!

n40.jpg

     

【おまけ:バードストライク】

島内を自転車で走っているとたまにバサバサと獣の気配を感じます。どうやらキジが生息しているようです。食用だったのでしょうか・・・。う~ん謎ですね。私は子供のころ山形で野生のキジを追っかけて育ちましたが、奴らは結構デカいです。何にも知らずに自転車こいでて、いきなり現れたときはビックリしました・・・。皆様もお気をつけください!

n41.jpg

空港の喫茶店にて・・・

Totally confusingですね~~。

n42.jpgn43.jpgさてさて、次は南大東島へ翔んでみましょう!

39!

ありがとう投信株式会社

ファンドマネージャー 真木喬敏

         

◆記載内容について: 資料に記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考として申し述べたものであり、その銘柄又は企業の株式等の売買を推奨するものではありません。

関連記事

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900