「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • MENU

HOME > ありがとうブログ > ありがとう39ツアー【こんなご時世だから対馬行ってみませんか?前編】

ありがとう39ツアー【こんなご時世だから対馬行ってみませんか?前編】|ありがとうブログ|国際分散投資ならありがとう投信

ありがとう39ツアー【こんなご時世だから対馬行ってみませんか?前編】

2019年11月22日(金)

ありがとう39ツアー【こんなご時世だから対馬行ってみませんか?前編】

先日運用報告会にてお客様から『39ツアーを参考に、八丈島に行ってみました!』と大変ありがたいお言葉をいただきました。感謝感謝でございます。ということで、やる気を出して対馬レポート書きます! 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

位置的には福岡県ポイけど・・・長崎県です!

高速船利用で福岡から2時間ちょい、プサンからだと1時間ちょい。

韓国の方が近いですね~。

1.jpg

   

  

【どうやって行くの?】

選択肢A:飛行機(プロペラ機)

私は福岡空港発のANAプロペラ機で往復しました。福江島編でお世話になったローカルエアラインORCからも定期便が出ていますが、長崎―対馬間だけみたいです。フェリーや高速船と比べると割高ですが、30分のフライトでらくちんなのでおすすめです!

  

サルでもわかるくらいの緊急時出口案内ですね。

日銀にもこのぐらいわかりやすい出口戦略を提示してもらいたいものです。

2.jpg

  

可愛らしい対馬ヤマネコ。

私自身も『よぅきた』としみじみ思います。

3.jpg

   

   

選択肢B:フェリーor高速船

博多港からフェリーと高速船が出ているようです。早い高速船で2時間ぐらい、フェリーだと直行で4時間近く、壱岐経由だともう少しかかるようです。とりあえず福岡空港から博多港への移動も面倒なので、今回は排除させていただきました。(イメージ:小○都知事)

  

 

 

選択肢C:命がけで泳ぐ

遣唐使もびっくり!全米が泣く勢いです!しかし、命あっての長期投資です。ここは何卒ご再考お願い申し上げます。

  

 

 

 

 

【島内の移動手段】

レンタカー一択→対馬はデカいです。歩いて、チャリでなんて考えない方がいいでしょう。保険もちゃんと入りましょう!

  

私は運転下手なので、パンクしちゃいました。

保険入っておいてよかった~。

4.jpg

   

   

  

【観光スポット】

私の場合は2泊3日の弾丸ツアーのためこの程度ですが、対馬は大きい島なので、これ以外にも見どころたくさんの宝島です。皆様は時間と心に余裕をもって探索していただければと思います。

  

  

大きな島です。時間をかけて観光したいですね。

1.JPG

  

  

それにしても択捉、国後デカいすね~。

6.jpg

   

  

烏帽子岳展望所

全くのノープランで対馬空港に到着したので、とりあえずスタートは高いところに登ってみて、どこ行くか決めようとするが・・・。

  

見渡す限りリアス式海岸、美味しそうなお魚とれそうですね~。

7.jpg

  

逆側ものどかな内海です。

う~ん。結局どこ行きゃいいんすか?

8.jpg

   

  

和多都美神社

対馬一のフォトジェニックな神社です。そんな有名観光スポットということもあり、観光客で溢れています。50人くらい周りにいましたが、私以外すべて韓国人観光客でした。ここに限らず、対馬内の大抵の観光客は韓国人のようで、私の様な日本人観光客はマイノリティーのようです。私は日韓関係が足元の状況まで冷え切る前に滞在したので、当時は韓国人観光客で大盛況でしたが、今はどうでしょうか?少し心配になります。

  

さて話をもどしますと、神社の細かい設定はよく覚えておりませんが、対馬ではいたるところに鳥居を見かけます。海に向かっての鳥居も何か所か見かけましたし、どうやってたどり着くのかわからないような鳥居も遠めに見かけました。ドラクエ的には船を手に入れてからじゃないと行けない系ですね。日々鍛錬でレベル上げます!

  

よく見ると海の中にも鳥居が二つ。

9.jpg

10.jpg

  

他の鳥居シリーズ。

11.jpg

  

歴史のある島なのでしょう。

12.jpg

   

  

対馬野生生物保護センター&棹崎公園(砲台跡)

私はどちらかというと犬派の人間ですが、対馬ヤマネコはふっくらしていて可愛いですね~。こちらの保護センターでは西表ヤマネコとの比較プレゼンなどもあり、西表島を思い出しました(そのうち時間を見つけて西表島レポートも書きたいと思います)。細かい説明はセンターの優しいお兄さんに聞きましょう。入場料は無料だったと記憶しております。対馬ヤマネコがあまりに可愛すぎて、たくさん写真を買ってしまいましたが・・・。

  

13.jpg

  

安全運転に心がけましょう。

14.jpg

   

  

小生のデスク前に飾っております。

15.jpg

  

こんな折り紙もくれました。

私は不器用なので、社員の方が折ってくれました。

39!

16.jpg

  

野生生物保護センター近くの棹崎公園

鹿らしき動物のフンがちらほら。

観光客の姿もなく、一人で公園探索。渋いですね~。

17.jpg

   

昔の砲台跡のようです。

さすが国境の島、いたるところに砲台跡があるようです。

私は軍事マニアではないので、こんなんあったのねぐらいの感覚ですが、マニアの方にはたまらないのでしょう。

18.jpg

  

昭和14年!

(1939年)

10種の意味するところはさっぱりですが、39種ぐらいあるのでしょうか?

19.jpg

  

道中にて、美しい田んぼ。

20.jpg

   

道中にて、おばあちゃんが手招きしていたので、

何かな~と思い車を止めてみると...

  

  

豊砲台跡

これまた出合い頭で見つけた砲台跡になります。島中いたるところにアリマス。以前壱岐島に行った際も、砲台跡がありました。国境の離島あるあるなのかもしれません。実戦には使われなかった「まぼろしの砲台」とのことです。

  

21.jpg

 

究極の落とし穴ですね。

22.jpg

   

ご安心ください。

柵でかこまれております。

23.jpg

  

中にも入れます。

観光客は?もちろん0です。

永遠の0です。

24.jpg

  

物々しいですね。

25.jpg

  

砲台跡内部から見上げてみたバージョン

26.jpg

   

入り口にこんなボタンがあります。必ずこれを押してから探検してください。

私の場合は、たまたま他の誰かが滞在した後だったようで既に電気がついていた状態で、しかもこのボタンの存在に気づかなかったため、『電気ついてるじゃん!良心的~』みたいな感じでどんどん施設の奥に行ってしまい、施設の最も奥でいきなりバチンと電気が切れて、死ぬかと思いました。長期での資産形成のために心臓への負担は最小限に心がけましょう。

27.jpg

   

砲台跡があるだけあって、見晴らしもいいですね。

天気の良い時にはプサンが見えるそうです。

コマオ~!

28.jpg

   

よし!暗くなってきた、そろそろ帰りますか。

帰り道はもちろん39号線ですよね~。

29.jpg

   

  

その他北部で寄ったとこ、三宇田海水浴場。

奇麗な砂浜で、夏は海水浴客でにぎわうこと間違いなし。

韓国人観光客の方々が自撮りしていました。すぐ横に東横インがあり、まだオープン前でしたが、日韓関係がぎくしゃくしてから、ちゃんとインバウンド需要を取り込めているのでしょうか?心配ですね~。

30.jpg

  

近くに温泉スタンドありました。

サンゴが隆起してできた沖縄の離島と異なり、温泉が湧くのはグットポイントです。

100リットル100円(増税前)。

31.jpg

   

   

もみじ街道

梅雨の時期の滞在でしたので、紅葉なんて時期でもないし、夜中だったので正直どんなところかわかりません。

  

しかし、あえて紹介させてください。川沿いの街道で、人の気配は全くなく、街灯もないので真っ暗だったのが良かったのか、ぽつりぽつりとホタルが飛んでいるのを見かけました。幻想的な光景に思わず車を止めて魅入ってしまいました。私のオンボロスマートフォンではうまく撮影できませんでしたので、是非現地に行って体感してください。また、今の時期なら紅葉も楽しめると思います。

  

空港で見かけたホタルの写真。

ここまでたくさんは見かけませんでしたが、ベストシーズンだとこのぐらい飛んでるのかもしれません。

32.jpg

  

さて、少し長くなりましたので続きは【後編】で!

   

   

39!

ありがとう投信株式会社

ファンドマネージャー 真木喬敏

         

◆記載内容について: 資料に記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考として申し述べたものであり、その銘柄又は企業の株式等の売買を推奨するものではありません。

◆株価指数について:記載されている各国・地域市場の指数は特別注記が無い場合は以下の指数を使用しています。

【日本株】→FactSet Market Indices Japan 配当込み(税引き前配当再投資)

【世界株】→FactSet Market Indices World 配当込み(税引き前配当再投資)

【米国株】→FactSet Market Indices US 配当込み(税引き前配当再投資)

【欧州株】→FactSet Market Indices Europe 配当込み(税引き前配当再投資)

【新興国株】→FactSet Market Indices Emerging 配当込み(税引き前配当再投資)

関連記事

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900