「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • MENU

HOME > ありがとうブログ > アセット・ロケーションって何?有利な投資制度は?~DC(iDeCo)、NISA、課税口座の比較と活用のポイント~【後編】

アセット・ロケーションって何?有利な投資制度は?~DC(iDeCo)、NISA、課税口座の比較と活用のポイント~【後編】|ありがとうブログ|資産運用・長期投資ならありがとう投信

アセット・ロケーションって何?有利な投資制度は?~DC(iDeCo)、NISA、課税口座の比較と活用のポイント~【後編】

2017年05月18日(木)

アセット・ロケーションって何?有利な投資制度は?~DC(iDeCo)、NISA、課税口座の比較と活用のポイント~【後編】

 資産運用のアセット・ロケーションを考える場合、あくまでもコアは課税口座であり、NISAやDCはサテライトとして、それぞれのニーズに応じて利用できるものは上手に利用していくというように考えてみてはいかがでしょうか。

 

 また、課税口座、NISA、DCをそれぞれ利用する場合において、その中での商品選択や資産配分が部分最適にならないように注意することも大切です。つまり、全体最適を考えてアセット・ロケーションをする必要があるということです。

  

コア・サテライト関係図.gif

  

 まずは、全体のポートフォリオを意識してどの口座で何を運用するかを考えて決めた上で、例えば、NISA口座は国内株式投信、DC口座は外国株式投信、課税口座は国際分散投信や債券等というように口座配分を決めていくことです。

 

  全体最適の視点がないままに各口座毎にポートフォリオを構築していくと全体でみるとアンバランスなポートフォリオになってしまう可能性があります。例えば、DC口座の中だけで最適なポートフォリオを考えると株式投信だけでなく債券ファンドや元本確保型の保険商品や定期預金などにも一定比率投資してバランスのとれた資産配分になるようにするでしょう。

 

 しかしながら、そこだけを見れば最適な資産配分かもしれませんが、アセット・ロケーションの観点から全体でみれば運用益が非課税になるDC口座の中で元本確保型商品の保険商品や定期預金をわざわざ買う必要はなく、DC口座以外でその分を保有して、DC口座では非課税メリットを最大限に受けられるようにすべて元本変動型商品である投信にした方が有利ではないかとの結論になります。

 

 ライフプランを考えて、資産運用の目的や目標を明確にした上で、自分に合う資産配分やポートフォリオを作成して、その上でどの口座に資金を配分して運用していくのがベストな方法なのか戦略的に考えていくことがアセット・ロケーションでは大切になってくるでしょう。

  

アセットアロケーションからアセットロケーション.gif

   

 

 以上のようにアセット・ロケーションについて一緒に見てきましたがいかがでしたでしょうか。 少し難しく感じられたお客様もいらっしゃると思います。

 

 それは、アセット・ロケーションの正解は一つではなく、お客様一人ひとりの年齢、収入、金融資産、リスク許容度などによって異なってくるからです。

 

 それぞれ、どのように口座配分していけばよいか、最適な資産配分やポートフォリオをどうやって決めればいいのか、自分一人で考えていくのは大変なのではないかと思います。

 

 

 

 弊社ではそのようなお客様のために、お任せ型のファンドとしてありがとうファンドを提供させて頂いております。また、39コンシェルジュサービス(https://www.39asset.co.jp/concierge/)の提供もしており、お客様の資産運用相談も随時承っておりますので、是非弊社のサービス、商品をご活用いただき、お客様の資産運用に役立てていただければ幸いです。

関連記事

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900