「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • MENU

HOME > ありがとうブログ > ありがとう39ツアー【沖縄で湧水を巡る旅 中編】

ありがとう39ツアー【沖縄で湧水を巡る旅 中編】|ありがとうブログ|国際分散投資ならありがとう投信

ありがとう39ツアー【沖縄で湧水を巡る旅 中編】

2019年01月17日(木)

ありがとう39ツアー【沖縄で湧水を巡る旅 中編】

またまたハイサ~イ!

   

中編では4箇所の湧水を紹介させていただきます。

   

それにしても聞きなれない名前ばっかりですね~。

  

ところで、沖縄ではなんでこんなに湧水が多いのでしょうか?グーグルで調べたところどうやら石灰岩が関係しているようです。石灰岩はサンゴなどの死骸が石灰となり固まってできるそうで、石灰岩の台地が多い沖縄では水を通しやすい石灰岩に雨水などがしみ込み浄化する働きがあるそうです。また、しみ込んでいった水はそのうち水を通しにくい地層にぶつかり、地層の境目から湧水として湧き出るメカニズムのようです。

   

  

中編では、那覇空港から少し北にある宜野湾市(ぎのわん)周辺を探索してみました。

1.jpg出所:Google Mapより、ありがとう投信作成

  

  

  

フンシンガー

住宅地にポツンとたたずむ湧水です。鳥居もあり、地域の方に大切にされてきたのでしょう。

2.jpg

  

  

ヒャーカーガー

こちらも住宅地の中に突如現れる湧水でした。観光客はもちろん現地の方もだーれもいません。ただただ水がコンコンと流れるのみです。渋いですね~~。

3.jpg

夏だったら、足を水に入れて涼みたくなっちゃいますね。

4.jpg

  

  

ムイヌカー

森川公園内にある森の川(ムイヌカー)。なんとなくモリカケ問題を思い出してしまうのは私だけでしょうか?

  

というのは冗談で、こちらでは天女がもく浴したという羽衣伝説が残されています。昔、奥間大親(おくまウフヤ)という男が、森の川でもく浴中の天女を見初め、その羽衣を隠します。天女は奥間大親の妻となり、一男一女をもうけますが、ある日、羽衣を見つけると、天に戻ってしまいます。二人の間の男の子が察度(さっと)で、後に沖縄本島中部地域を治める中山王(ちゅうざんおう)になったといわれているようです。

5.jpg

湧水の近くにはお祈りするスペースもあり、実際にお祈りしている方も見かけました。

神聖な場所ですね。

モリカケ言ってすみませんでした。

6.jpg

少し上ったところに立派な石垣でできた門がありました。

7.jpg

   

  

大謝名メーヌカー

小学校のすぐ横にありました。ここまでくると宝探しをしている感覚になってきました。

8.jpg

こちらも住宅地にポツンと。

上水道が整備される前は生活用水として重宝されたのでしょう。

9.jpg

宝探しならぬ湧水探しの旅の途中。

このサトウキビも見て回った湧水で育ったのかな?

それにしても積みすぎでは???

10.jpg

後編へ続く・・・

39!

ありがとう投信株式会社

ファンドマネージャー 真木喬敏

         

◆記載内容について: 資料に記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考として申し述べたものであり、その銘柄又は企業の株式等の売買を推奨するものではありません。

関連記事

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900