「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • MENU

HOME > ありがとうブログ > 新投資先ファンド追加のお知らせ<月次レポート2018年6月より>

新投資先ファンド追加のお知らせ<月次レポート2018年6月より>|ありがとうブログ|資産運用・長期投資ならありがとう投信

新投資先ファンド追加のお知らせ<月次レポート2018年6月より>

2018年06月05日(火)

新投資先ファンド追加のお知らせ<月次レポート2018年6月より>

 皆さま、いつもありがとう投信をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。早いもので今年も6月になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。気温も上がり夏のような暑さになってきましたのでくれぐれもご自愛ください。

 

 さて、先月は、国内では相変わらず加計・森友問題で国会は紛糾し、日大アメフト部の悪質タックル問題が世間を騒がせておりましたが、世界のマーケットでは、米国トランプ大統領の動向に左右される相場となり、月末にかけてはイタリアやスペインなどの南欧の政治リスクが顕在化して円高・株安が進行して低調に終わりました。

 

 特にヨーロッパはユーロ安・株安の影響で調整して引けました。また、新興国についても米国利上げの影響により、財政が脆弱なアルゼンチンやトルコなどの国を中心に調整した一ヶ月でした。

 

 

新投資先ファンドの追加

 

そのような中で、ありがとうファンドでは5月末の半期報告書の提出に伴って信託約款を変更して新投資先ファンドを追加いたしました。追加したファンドは、アバディーン・スタンダード・インベストメンツが運用する以下の北米小型株式ファンドです。

  

アバディーン・グローバル・ノースアメリカン・スモーラーカンパニーズ・ファンド クラス I

(ルクセンブルグ籍米ドル建て外国投資法人)

   

アバディーン・ノースアメリカン・ファンド.gif  

  

 北米小型株ファンドに投資することで、米国の法人減税の恩恵をより多く享受できると考えられる米国の小型株に投資することが可能となりますので、今後は米国への資産配分比率内で既存の大型株ファンドからの一部スイッチングを行っていく予定です。

 

 ありがとうファンドの今後のパフォーマンスの向上に大いに貢献してくれるものと期待しております。

  

ASI_positive.png

  

 

 

アバディーン・スタンダード・インベストメンツについて 

  

 新投資先パートナーであるアバディーン・スタンダード・インベストメンツですが、2017年8月14日、スタンダード・ライフplcとアバディーン・アセット・マネジメントPLCが合併し、スタンダード・ライフ・アバディーンplcが誕生しました。その資産運用部門を担うスタンダード・ライフ・インベストメンツとアバディーン・アセット・マネジメントは、「アバディーン・スタンダード・インベストメンツ」ブランドのもとに統合され、英国では最大級のアクティブ運用会社、グローバルでも世界有数のインベストメント・ハウスとなりました。

  

* 2016年12月31日現在、1英ポンド=1.2356米ドル

** 2017年5月31日現在

出所:スタンダード・ライフplc、アバディーン・アセット・マネジメントPLC

 

 アバディーン・スタンダード・インベストメンツは、欧州最大級のアクティブ・マネジャーとなり、先進・新興国市場の株式、債券、マルチ・アセット、不動産、オルタナティブ、プライベート市場を含む幅広い戦略を提供します。

* 2016年12月31日現在

出所:スタンダード・ライフplc、アバディーン・アセット・マネジメントPLC

 

 アバディーン・スタンダード・インベストメンツの運用哲学は以下の通りです。弊社ありがとうファンドの投資哲学である長期×国際分散×厳選投資とも親和性が高く、アクティブ運用のチーム運用で優れた実績を残している点を高く評価しております。

   

 

<グローバルな視点、ブレない目線>

1.アクティブ運用は、長期的に良好なパフォーマンスを生み出すことができる

アバディーン・スタンダード・インベストメンツは、確信度の高い、長期投資を選好します。アセットクラス全般にわたり、潜在的なリターンの多くは長期保有により実現するという理解の下で、投資を行います。私たちのパフォーマンスは、短期の戦術的な売買に依存しません。
この長期的視点は、過剰な売買による不必要なコストを回避できることから、直接、お客様に恩恵をもたらします。根拠のない高い水準の売買回転率は、ポートフォリオのパフォーマンスにマイナスの影響を与えがちです。

2.チーム運用の精神が中心となる

それぞれの運用チームのなかで、ポートフォリオ・マネジャーはチーム・メンバーと協働し、それぞれの知見と専門知識を共有します。投資提案は、チームによる厳格なレビューの対象となります。
私たちは共同精神を持っていますが、すべての意思決定がコンセンサスに基づくものではありません。ポートフォリオ・マネジャーは、各チーム内で共有される経験を活用しつつ、投資判断について個別に責任を負います。

3.ESG を運用アプローチに組み込むべきである

環境・社会・ガバナンス(ESG)の枠組みは、私たちの投資アプローチにしっかりと組み込まれています。ESGファクターを認識することにより、投資企業に関する財務的リスクや風評リスクを明らかにします。このため、ESGエンゲージメントはコストではなく、投資パフォーマンスを向上することができる一つの方法と考えています。
私たちは、お客様の資産に対する受託者責任を果たすため、投資パフォーマンスを生み出すだけでなく、社会的にプラスの影響を与えるような投資判断を行うことを目指しています。

4.運用会社は、運用能力全般にわたる専門知識を活用するべきである

専門知識は、様々な投資戦略において活用されます。これは、あらゆるアセットクラスと地域にわたり適用されます。例えば、債券運用担当者は、株式運用担当者と対話し、特定の企業に関する視点を共有します。
世界24カ所の拠点に所属する約1,000名の運用プロフェッショナルの知見を広く共有できることは、私たちの重要な競争優位性を生み出しています。

  

 

 また、実は、スタンダード・ライフ・アバディーンの歴史は日本と深く関わっています。1859 年には横浜の保険代理店を通じて外国人居住者向け生命保険の引受けを行なっていますし、グループ会社がスポンサーとなっているトーマス・ブレーク・グラバー・スカラーシップは、スコットランドの学生に日本で学ぶ機会を提供し、日本とスコットランドの歴史的な絆を深める役割を担っています。

 

出所:ASI

  

  

アバディーン・グローバル・ノースアメリカン・スモーラーカンパニーズ・ファンドの特長について

 

 アバディーン・グローバル・ノースアメリカン・スモーラーカンパニーズ・ファンドは、北米の小型成長企業発掘・厳選投資に定評があります。特長は以下の通りです。

 

 

<北米の小型成長企業発掘・厳選投資に定評>

1.小型株はそれぞれの時価総額こそ小さいが、会社数は大型株より多い

米国内の上場株式会社の約6割が小型株。大型株の約3倍の企業数を有する。
投資対象企業の数が多いからこそ、成長企業を厳選するアクティブの腕が試される。

小型株はそれぞれの時価総額こそ小さいが、会社数は大型株より多い

Source: Morningstar, March 17, 2017. For illustrative purposes only.
出所:ASI

2.一方、小型株を調査しているアナリストは相対的に少ない

小型株は会社数が多い割にはカバーアナリストが少ないため、大型株と比べると企業の情報が少ない。
北米株式チームは足を使う独自のリサーチで、投資の確信度を上げる。

一方、小型株を調査しているアナリストは相対的に少ない

Sources: These are represented by the S&P 500, S&P 400 and S&P 600, respectively,
For illustrative purposes only.
出所:ASI

3.独立したベンチマークにとらわれない運用:成長企業を発掘

徹底的なボトムアップの銘柄選択による成長企業を厳選投資。
単なる投資家ではなく、企業のオーナーとして、長期での保有が大前提。

  

騰落率1ヶ月3ヶ月6ヶ月1年3年設定来
-2.74% -10.98% -7.32% -9.72% 14.87% 175.78%

  

銘柄業種分類構成比率
WSFS Financial Corp 金融 アメリカ 3.10%
Emergent BioSolutions Inc ヘルスケア アメリカ 3.00%
Insight Enterprises Inc 金融 アメリカ 2.80%
Boston Private Financial Holdings Inc 金融 アメリカ 2.70%
Canadian Western Bank 金融 カナダ 2.70%

  

基準価額推移

2018年3月末時点

※騰落率、基準価額の推移は、外貨建て基準価額を円換算し、表示しています。

※基準価額と参考指数は設定日を10,000として指数化しています。

※参考指数について:ラッセル2000インデックスに関する著作権、知的財産権、その他一切の権利はRussell Investmentsに帰属します。

  

 ありがとうファンドは、 アバディーン・スタンダード・インベストメンツの優れたファンドを投資先に加えることによって、ダウンサイドリスクを抑えながら、世界経済の成長及び企業の利益成長を享受し長期で安定した運用パフォーマンスの提供を引き続き目指して参ります。

  

 また、今月から全国で新投資先アバディーン・スタンダード・インベストメンツのファンド紹介セミナーを開催させて頂きますので是非ご参加いただければ幸いです。セミナー詳細&お申込みはこちらからお願いいたします。

  

 皆さまのご期待に応えらえるように役職員一同精進して参りますので、これからもありがとう投信をご愛顧いただきますように何卒よろしくお願い申し上げます。

   

  

ありがとう投信株式会社

代表取締役社長 長谷俊介

   

  

 

0313909afb70cc4cbeed4f9d6bd6e6b2_s.jpg

 

 

関連記事

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900