「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • MENU

HOME > ありがとうブログ > なぜ国際分散投資が必要なのか?【前編】

なぜ国際分散投資が必要なのか?【前編】|ありがとうブログ|資産運用・長期投資ならありがとう投信

なぜ国際分散投資が必要なのか?【前編】

2017年04月29日(土)

なぜ国際分散投資が必要なのか?【前編】

 ありがとうファンドは国際分散投資でお客さまから託された資金を資産運用しておりますが、なぜ国内だけでなく海外に国際分散投資しているのかについてご説明させていただきます。

  

 理由は大きく3つあります。1つ目は世界の経済成長・企業の成長の恩恵を受けるため、2つ目は日本株だけに投資するよりも海外株にも投資した方が高いリターンが期待できるため、3つ目は一国に集中するカントリーリスクを分散するためです。一つずつ詳しく見ていくことにします。まずは次の図1、図2のチャートを御覧ください。

  

図1 日本株TOPIX配当込みと名目GDP(1993年‐2015年)

TOPIXvsGDP.jpg

出所:Factset、IMFよりありがとう投信作成

  

図2 世界株MSCI ACWIと名目GDP(1993年‐2015年)

ACWIvsGDP.jpg

出所:Factset、IMFよりありがとう投信作成

   

   

 図1は日本株のTOPIX配当込みと名目GDPの1993年~2015年までのチャートで、図2は世界株のMSCI ACWIと名目GDPの1993年~2015年までのチャートを表しています。(名目GDPはそれぞれ2021年までの予測値も表示してあります。)

  

 これをご覧いただきますとわかる通り、日本は名目GDPも株価も横ばいで、ボックス圏での推移になっておりますが、世界は名目GDPも株価も右肩上がりで増加していることがわかります。これは、日本の名目GDPが成長していない一方で、世界の名目GDPはこの20年間着実に成長してきていることを示しております。また、株価と名目GDPとの相関があることがわかると思います。

 

 このように、世界の経済成長・企業の成長の恩恵を受けるために国際分散投資をしていく必要性があると考えます。

 

 次に図3、図4をご覧ください。これは日本(TOPIX配当込み)、米国(S&P500)、欧州(MSCI Europe)、新興国(MSCI EM)の株価指数を現地通貨ベースおよび為替換算した円ベースで示したものになります。

    

図3 現地通貨ベース

株価推移現地通貨.jpg

 出所:Factsetよりありがとう投信作成

   

図4 円ベース

株価推移円ベース.jpg

出所:Factsetよりありがとう投信作成

   

 ご覧いただければわかる通り、1989年以来、日本株はほとんど横ばいで増えていませんが、米国、欧州、新興国はそれぞれ大きく上昇していることがわかります。海外株なので為替の影響を受けるため、為替換算して円ベースで比較した図4をご覧いただくと、米国株、欧州株は約6倍、新興国株は約10倍に増えていることがわかります。

 (後編へ続く)

関連記事

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900