「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • MENU

HOME > ありがとうブログ > 米国経済はいつまで堅調なの?(中編)

米国経済はいつまで堅調なの?(中編)|ありがとうブログ|資産運用・長期投資ならありがとう投信

米国経済はいつまで堅調なの?(中編)

2018年04月13日(金)

米国経済はいつまで堅調なの?(中編)

 少し視点を変えましょう。図5は3月21日時点のFOMC(米連邦公開市場委員会)の利上げ見通しの分布図です(いわゆるドットチャート)。2020年までは順調に利上げができる見通しの様です。ただそれ以降の長期的な見通しは2020年の水準よりは低くなっています。

 

 図6の失業率の見通しを見ても2020年以降の長期的な見通しは2020年のそれよりは控えめな予測になっています。だからいつなの?と言われると、やはりわかりませんと答えるしかないです。これは私に限らず他の方々もわからないはずです。ただ、過去のファクトからこういった考え方があるという事は頭の隅に入れておいても損はないと思います。

 

 

 

図5:FOMC見通しの分布を見ると2020年までは利上げが続き・・・

  

FOMC見通し.gif

  

出所:FRB(米連邦準備理事会)より、2018年3月

 

 

 

図6:失業率の見通し

  失業率の予測.gif

  

出所:FRB(米連邦準備理事会)より、2018年3月

 

 

 

 

 ただ一つ言えることは、図3(前編)を見ていただいてもわかるように、景気後退局面は短く、景気拡大局面は長い間続くという事です。ありがとうファンドはタイミングを見て売買するようなファンドではありません。良い時も、悪い時も長期投資を続けることが重要だと考えております。

 

 そういった観点から、ありがとうファンドが組み入れているファンドはなるべく景気循環に左右されにくいビジネスモデルの企業に厳選投資していますし、例え景気後退局面で企業業績が下ぶれたとしても、長期で必要とされる商品・サービスを提供するメガトレンドに乗った企業に多く投資していますので、企業利益も株価も下がりっぱなしという事はないと考えております。こういった企業の収益構造などの話を通して、セミナーでは長期投資の考え方を共有させていただいておりますので、お時間ありましたら是非参加頂けると幸いです。

 

(後編へつづく・・・)

  

ありがとう投信株式会社

ファンドマネージャー 真木 喬敏

関連記事

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900